独立には得意な事でお金儲け

サイドビジネス、インターネットビジネス、自営ビジネス.色々呼び方はありますが、様は独立して自分がボスとなりお金儲けをする事です。
良く言われる事ですが、考えているだけでは何も始まりません。まずは自分が好きな事から初めてみる事です。


会社
で働いている方、または店、親方当に付いて働いている方、家で子供を面倒をいままで見て来た人の中でかなりの方が一度は考えて事が’あるのではないでしようか?

私自身は家内の病気より子供の面倒も見る事が必要となり今のビジネスを始めました。そのため準備の期間があまり無く始めてしまいました。

本来はかなり自営ビジネスの先行きに目途が付いてから今までの仕事を止めるのが筋で、また仕事で家計が安定している時ですと色々な事に余裕を掛けて新しい事を考える事ができます。
ただ私はそうではなかったためかなり苦労しました。

また今はインターネットがあるためお金が無くても簡単に始める事ができますが、その分かなりの方が途中で止めてしまいます。

別の意味から言えばお金を掛けていないため直ぐ止めてもいいと言う考えなのか?

自分でビジネスを始める場合:

1.自分の好きな事からビジネスアイデアを見つけてみる。
2.初めから頑張ってあまりお金を直ぐにつぎこまない。
3.あまり初めから細かくビジネスの方向は考えない。
4.日頃何かアイデアが思いついた場合ノートなどに書き込む。

色々書き出せば他にも沢山あるでしようが、私自身大まかな事を書き出してみました。

1.まず”自分の好きな事からビジネスアイデアを見つけてみる”、嫌いな事では長続きはしません、また直ぐにはお金に繋がるものでもありません。

例えば何かオンラインで売る場合に、身近にある物で必要が無くなったものから販売してみる。
その後は自分の得意分野で販売して利益が出るもの、または自分で制作した物の販売と広げてみる事です。

よくオンラインでは売れている品物を何処か他より安く買い(例えば海外)販売する事等書いてありますが、現実には殆どの人が同じ品物、方法となり品物の価格が下がり、現実は赤字となります。

また良く売れる品物は大きな店も販売をしてきます、独占販売の品物は個人には殆ど無理な話となります。

現実はなかなかその通りには行かず、在庫と赤字は増える事となります。

私自身も始めは卸の倉庫や倒産した品物を売っていると言う言葉に誘われて品物を買い、最後には儲けを切る価格で販売する事となりました。

始めにも書きましたが地味でも身近にある品物で使わない品物の販売から初めて、販売方法など少しづつ学事が危険も少ないのではないでしようか。

良く言われる事ですが ニッチビジネス ” , 沢山の人は買う事はないですがその分競争も少なく大きな店も販売には参加してきません。

そもそも大きく販売して儲ける事は個人販売では殆ど不可能です。

その事を大きく書いてる方は見た目が良いため、まるでその様な品物を見つける事でビジネスが簡単に成功する様な事を書いています。

ただオンラインで売れる品物(ニッチビジネス)は常に変わるため、あまり沢山仕入れる事はしないで地道に販売していく事が長続きの秘訣です。

はじめに言いましたがあまり始めから細かく考えないで、身近な事より初めてみる事です。

要はビジネスは現実に自分で日々経験する事で自分に合う道が開けて行く物です。

+2
0 0 votes
Article Rating

コメントを残す

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x