犬の表情、目を通しての会話?

毎日犬を見ていて感じるのですが、彼らも感情を色々なカタチで表してきます。

一番簡単なのが犬の鳴き声です。単にワンワン鳴く場合でも(吠える)、嬉し時と怒った’場合では違ってきます。

さて犬の顔の表情ですが(犬などに表情は無いとかなりの方は思うでしよう)よく気を付けて毎日見ると面白ろく、感じる所があります。


リリー(女の子)ですがご飯を食べている時に来て何か欲しそう?

ツマリ言葉では会話はできません、此方が毎日犬に真剣に向き合う(それ程の事でもありませんね)と彼らもそれに答えてくれます。

ただ彼らも私達と同じ(私の家では犬達の事を名前または彼ら、彼女と言う事が多い傾向に’あります)で生き物ですねで、あまり彼らがペットと感じないで対応している様に感じます。


ロッキーですがあまり表情を表わしません。

ただ彼らは私達と違い何時でも機嫌よく答えてくれます。

1. もし彼らの目が大きく開いている時には遊びたい時だそうです。リリーはよく私の所に来てその様なシグサをします、一番年下(2歳程度)のため元気があるのでしよう。

2.もし彼らがアイコンタクト外す時には避けている時だそうです、このヘンは私達と同じですね。

3.もし彼らが大きく上向きの目の時には、何か神経質な時だそうです。ロッキーはこの様な目をよくする様に感じます?


2人で日向ぼっこ、特にジュニアはこの時期によく外に行き温まります。かれはホームレスのところアニマルシェルターに保護されたのですが、多分いつも外で寝ていて昼間体を温めたのでしよう。今は何時も寝る時には奥さんのべットで布団に潜り込みます。

ジュニアはロッキーやリリーと違い真面目な所があり、目の表情も何時もその様な感じがあります。
独立心が強いためか(ホームレスで飼い主に捨てられた、または彼の方から逃げた。私の家に来た時には少し恐れる感じがありました)、リリーの様ににこやかな表情はする事はまずありません。

犬の研究では私達が犬と住む事で私達の心の知能指数(EQ)が改善するそうです。
また同時に彼らが人と住む事で彼らのEQも改善するそうです。つまり私達が犬をよく世話をして彼らが喜ぶ程、私達も彼らから恩恵うぃ受けているわけです。

犬を飼っている方は感じるでしようが、疲れた時、寂しい時または怒りたい時に犬を眺めたり、触っていると心が落ち着くのを感じていると思います。

 

 

 

 

 

 

0
5 1 vote
Article Rating

コメントを残す

2 Comments
Oldest
Newest Most Voted
Inline Feedbacks
View all comments
川崎英一郎
3 months ago

それ以外にも犬を飼うことで人間が受けている恩恵があります。

散歩が人間の身体のためになります。

犬がいないと散歩などしませんが、犬にせがまれて散歩をすることが、実は飼い主の身体のためになります。

犬の方が自然に近いので、犬の身体、本能が動くことを求めますが、頭でっかちとなってしまった人間にはそれが分からなくなり運動不足になります。

0
2
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。