海外からブランド品を安く買う方法

海外よりブランド品を安く買い日本で販売して儲ける事はできたら。
または日本で手に入らない品物を安く買う事ができれば。

輸入のイラスト

英語ができなくても、また海外の店やオンラインショップでアカウントが無くても買う事はできます。

まずオンライン翻訳機能でその国の言葉が分からなくても、また欲しい店またはオンラインショップの売り手と会話できます。
例えばGoogle 翻訳機能等。

また代行等使えば日本まで送る事ができない店からも品物が買えます。
代行等により費用に違いがあり、気を付けることと言えば


基本手数料
買う金額に対して%で掛かります。ただ最低の費用は普通あるため、買う金額が低くても普通は最低手数料の支払いが必要となります。気を付けて比べて下さい。
保管費用、品物を保管してもらい(海外)マトメテ日本まで送ってもらう(送費が節約)。ただどれだけの期間保管してくれるかや、保管費用が掛かる所とタダの所があります。
ただあまり金額が多くなると税関で関税が掛かってしまいますので、合計金額に気を付けて下さい。

税関のイラスト(コンテナ船)

円からドルへの交換レート  普通あまり気にしないと思いますが、買う国の通貨から日本の通貨への交換レートが少し違う場合でけで買う金額が大きくなるとかなりの金額が違ってきます。
相手先の店、または販売人(eBay等)とメールでやり取りしてくれるか?
品物の内容を確認したい場合に必要となりますが、格安の代行等ではまず対応してくれません。
日本に送る前に品物を検査してくれるか? 
eBay等ですと偽物を販売している場合がよくあります。代行を頼む前によく相手先の代行店にお聞き下さい。ただ偽物の見比べは難しく、代行店に頼る事は難しいかもしれません。eBay等で買う場合は売り手のフィードバックや、あまり同じ品物を沢山販売していないか買う人本人が代行を頼む場合に見極める事が必要だと思います。
送料や保険 海外から日本に送る場合に品物は壊れたり無くなったりした場合どうなるのかよく確認して下さい。また日本に送ってもらう場合でも梱包費用等掛かる場合がありますので気を付けて下さい。
費用の支払い方法 銀行振り込み、カード払い、受け取り時払い等色々ありますが、何かあった場合を考えカードでの支払いが安全だと思います。この場合代行店が最後まで責任を持たずに何か問題があった場合でもチャージバック等で対応できます。
代行と転送 代行は代行店に’すべて任せるため費用が少し高くなりますが、転送ですと個人で品を’買い相手先の転送先(転送代理店の仮想アドレス)に送るため費用が安くなります。ただこの場合は品物を買う場合に全て相手先の店、販売人とメールでやり取りする必要があるため少し海外で買う事が慣れた人向きかもしれません。

これ以外ではあまり海外より何度も品物を買っている場合税関は最近よく調べており、送ってもらう品物の金額が低い場合でもビジネス目的と考えられ余計に関税等掛かりますので気を付ける必要があります。
普通は個人目的では小売価格の6割が1万以下では関税は掛かりませんが、皮製品は金額に関わらず関税がかかります。
またアルコールは10Kg以下では個人使用の場合には関税、消費税及び酒税が免除とありますが、詳しくは税関等にお聞き下さい。

次回は海外よりの安売り品の買い方、クーポン当説明したいと思います。

質問とありましたら質問欄よりお聞き下さい。

1 1 vote
Article Rating

コメントを残す

2 Comments
Oldest
Newest Most Voted
Inline Feedbacks
View all comments
shichitenbattou
1 month ago

記事を面白く読ませてもらっています。いいねボタンがいつも読み込み中で、押せません。どうしてでしょうか?あと、この星も増やしたいのに一つしか付きませんでした。どうやるのでしょう?

2
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。