個人輸入で安全に正規の品物を買う方法。

インターネット上では色々な品物が売られていますが、かなりの品物は正規品に似て作られた偽造品である事が多くあります。

ただ普通より安いとあまり考えず買ってしまう人が多く、偽物を買っても気づくかない方がおおきのではないでしようか。
では何に気をつけて買えばいいか?

品物の価格、または価格+輸送費

売り手の宛先を現実にGoogle などで探してみる

品物のコンディション説明で、”配送により箱等に傷ができます”当の説明がある

売り手へのフィードバックで品物が売り手の宛先と違う所より送られて来た事を書いている人がいないか。

1.まず現地で売られている価格とあまり変わらないか、または10%程度高い値段で売られている品物。

支払いにはかなりの場合にはPaypal 等の方法で支配が行われますが、この場合カードで支払ってもカード会社やPaypalは海外からの支払いでは売り手に支払い金額の合計から4%程度費用引いてきます。
また円と海外硬貨の換算レートでも数%程度売り手の方はお金を受け取る時に引かれます。

例えば品物の価格と輸送費の合計で$100支払った場合、Paypalでは4%程度(売り手の1年間での売り上げ合計により少しは違ってきますが)支払い手数料がかかります。

またPaypalの交換レートでは、1ドルが110円とした場合でも現実には1ドル104円程度で通貨換算で計算が行われます。

ツマリ売り手が受け取る時には買いての$100が$90程度になるわけです。

これから考えると10%程度のマージンでは売り手の方は儲けが無いわけですから正規品ではビジネスとして成り立ちません。

次にアマゾン等で品物を売る場合には品物にもよりますがReferral fee(紹介料)が8%ー15%程度品物が売れた場合売り手に掛かってきます。
また円で受け取った場合にドルに換算する場合2%円からドルへの交換レートが掛かっています。

この時点でお金を受け取る場合にはReferral fee(紹介料)+交換レートで、10%ー17%程度品引かれてしまいます。

例えばOlay Regenerist Retinol24 Night Moisturizer, 1.7 oz(オーレイレチノール24ナイトモイスチャライザー、1.7オンス)。この品物の場合Referral fee(紹介料)は15%

アメリカのターゲット(Target)では$28.99(他での殆ど同じ様な価格)で売られていますが、これを日本のアマゾンで誰かが$34程度で売っていた場合、34-28.99x(0.15+0.02)=29.077

28.99x(0.15+0.02)=$4.923はアマゾンに引かれる費用(現実にはもう少し多くなります)。

$29.077は売り手が受け取る金額。

この価格では売り手は儲けがありません、

つまり誰かがこの様な価格で売っている場合は警戒が必要です。

また売り手の輸送費ですが、普通アメリカからでは1LB(460g)程度ではUSPSで$17.25

USPS 輸送費用

クロネコヤマト便でも$15程度かかります。

誰かが450gの品物を$5程度輸送費で送り、品物を$44で売っている場合には上の計算より$10程度もうかりますが、
現実の輸送費は$15程度より$10売り手が’負担しないといけません。

ツマリ合計では儲けがないわけです。

2.売り手の宛先を現実に確認してみた事はあるでしようか?

かなりの売り手の方は何処かの倉庫、UPS、現実に存在する他の会社の名前と宛先(かなり似た名前)または現実に存在しない宛先を連絡先として書いてある事が’あります。

多分アマゾン等は其処までは確認しないためだと思いますが、これも警戒しないといけない点ではないでしようか?

個人秘密であまり公開したくないと言う売り手の方もいるかもしれませんが、その場合はある程度(街の名前等までは)までは本当の事を書くべきではないでしようか。

3.品物のコンディション説明で、”配送により箱等に傷ができます” 等説明してある場合。

普通品物は箱に入れて送るため、海外からでもまず箱がつぶれる事はありません、またクロネコヤマト便はかなり気を付けて品物を扱ってくれます。

それではどうしてこの様な説明を売り手の方は書いてあるのか?

考えられる事は新品の品物ではなく、オープンアイテム または返却物 を売っているのではないか。

アメリカではおおきな店、アマゾン等ではかなりの数でオープンアイテム 返却物が戻ってきます。
これらの品物はかなりの場合再度売る事ができないため、B2B marketplacesと呼ばれる所に安い価格でマトメテ売られます。

此処よりリセラーの方達がパレットにマトメテ置かれた品物(何も区別なくマトメラれてあります)買いeBayや色々なオンラインで売るわけです。

これらの品物一度開けられ、または使用した品物のため当然箱には何か傷等あるわけです。
売り手からすればかなり安い価格でみためにも新しい品物が買えるわけですが、買い手の方からすれば新品ではない。

見過ごしそうな事ですがこれからも売り手の品物が分かるわけです。

4.良くいわれますがフィードバックはあまりあてにはなりませんが、つまりお金を払いフィードバックを増やしているケースもあるからです。

ただよく気をつけて読んで行くと、買い手の中に
何処か他の国(売り手が書いているのとは違う国)より品物が送られて来た。
現実の品物が写真と何か違う
追跡番号で追跡できない。(追跡できてしまうと本当の国の送り先がばれてしまう)
*箱等に書いてあります送信者の宛先は違う場合もあります。(私自身中国より送信者の宛先は好きな宛先を選んで下さい当のメールを貰った事があります)。

 

当色々オカシナフィードバックがあります。品物が壊れていた等はしかたありませんが、上の様なフィードバックはどう考えてもオカシナ話です。

これもかなりの売り手の方がドロップシッピングを使い、現実には何処か他より偽造品を送っているケースがよくあるからです。

次回海外より品物を買う場合は:

売り手の価格と品物が売られている国の価格を見比べ、安い価格には気を付ける。
売り手の宛先を確認。
品物のコンディションの説明にオカシナ事がないか。
フィードバックはその星の数だけでなく、その内容を良く確認

この様な事に気を付けて海外より買い物を楽しんで下さい。

+2
0 0 votes
Article Rating

コメントを残す

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x